活用シーンの拡大と
今後の主な取組

2020年6月より順次拡大

マイナポータルと民間アプリの連携による身体障害者手帳情報等の確認

2021年10月

マイナンバーカードの健康保険証利用の本格運用開始
マイナポータルを通じた薬剤情報や特定健診情報等の閲覧が可能に

2021年11月

マイナポータルを通じた医療費通知情報の閲覧が可能に
(医療費通知情報は、2021年9月分から確認ができ、確定申告の医療費控除に利用可能)

2021年12月開始

マイナンバーカードを利用することでスマートフォンで新型コロナウイルス接種証明書を簡易に取得できるアプリの提供

2023年1月頃から開始予定

マイナポータルを活用した自身の保健医療情報を閲覧できる仕組みに、電子処方箋情報を拡大

2022年度中に実現予定

マイナンバーカードの機能(電子証明書)のスマートフォンへの搭載

2022年度末まで

原則、全自治体において、マイナンバーカードを用いて子育て・介護等のオンライン手続が可能となるように支援

2024年度中に実現予定

マイナンバーカードの国外継続利用

2024年度末に実現予定

マイナンバーカードと運転免許証との一体化

2025年度に実現予定

マイナンバーカードと在留カードとの一体化

今後の取組については「デジタル社会の実現に向けた重点計画」(令和3年12月24日閣議決定)を参考に目標時期を記載